11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第1節】後期C3リーグを振り返る

実戦的基礎力がどれだけつけられるのか?
それを1番に考えています。
いかにシンプルな考えで麻雀が出来るのかというのも重要ですね。

===1節目===

1節目は恒例のくじ引きで対戦相手が決まります。
事前情報を全く集める事の出来ない状態ですので、1節目はかなり怖いです。

そして決まった対戦相手は??


 白鳥ケイタロウプロ(先輩)
 中川英一プロ(同期)
 井上俊プロ(新人)

前期に同卓してぼっこぼっこにされた中川プロとの再戦です。
中川プロのイメージは前期でしっかりと焼き付けられています><
もう役満は放銃したくないです!!

白鳥プロは、同期の誰かが白鳥プロを尊敬し、最高位戦に入ったという事は覚えています。
しかしそれ以外の情報は無く、どういう打ち手なのか興味津々でした。

井上プロは、新人ですのでちょっと緊張してるな~と思いつつも手順がしっかりとしていて、
打牌選択の早さもあり、緊張感が上手く作用している状態なのかなと思いました。

さて、そんな状態で始まった第1戦


井上俊プロの69p清一ダマ倍炸裂。


確かにヒントは少なかったかもしれませんが、打8pがそれまでの打牌タイミングと
違ったのを見落とさなかったのは集中力があった証明
方やそれを見落とした白鳥プロは集中力が欠けていると感じた瞬間
経験値が一番ある白鳥プロの集中力が欠けているのが、ここでわかりました。
そうなれば後は清一を和了した井上プロと中川プロの状態です。
中川プロは手が入らずあまり前に出れない模様。
となれば現在トップを走る井上プロに照準を合わせるだけ。
そして南場に入りとうとう井上プロに並ぶ。
徐々に追いつかれた井上プロの心境や如何に!?

と思っていたのですが…

2000-4000

井上プロの満貫自摸が炸裂し、流石に勝負がつきました。


しかし、この1戦目は得るものが多かったです。

井上プロの打ち筋、白鳥プロの状態、中川プロの状態が把握出来ました。

後は中川プロのはいぱ~門前立直をかわせるかが勝負だと思っていました。



私   +55.7
中川プロ+ 8.4
井上プロ-20.6
白鳥プロ-43.5


手が入らない中しっかりとプラスで終わらせる中川プロ
初めてのプロ対局、リーグ戦という中で小さなマイナスで纏めた井上プロ
1半荘目で悪い状態を把握して、なんとか纏めた白鳥プロ

結果として私はプラス50ですが、展開的に有利だったのに勝ちきれなかった
そんな印象が多少はありました。
しかし全節プラスの目標の第一歩としては順調な滑り出しと切り替えます。



さて、この対局で井上俊プロに注目し始めます。
その後もちょこちょことお話させて頂きました。
他の人の意見を聞き入れる態度と速度が速い。
もともと素直な麻雀なので、変な癖や変な考えが無い為、伸びしろが凄い。
今回は経験値という差で勝つ事が出来ましたが、もう次回対戦する時には負けそうですね。
私も力を上げていかねばと思います。
スポンサーサイト
Secret

どMの同士はこんなにいるよ?

カテゴリ

プロフィール

因幡の赤兎Shingoro

Author:因幡の赤兎Shingoro
ニコニコの生放送でしか麻雀をしない雀士
マージャンカフェ~楽~で麻雀教室を行う

最近の記事+コメント

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。