10
:
1
2
3
4
5
6
7
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第5節】後期C3リーグを振り返る【最終節】

===5節目===

いよいよ最終節となりました。
当日はいつもより早く起きてしまいました。
興奮しているのだという自覚をしっかりと持つ事が出来ましたね。

そして冷静だと思っていたのですが…

いつも通りに全国麻雀試験放送をしました。





牌姿は良く見えていました。

捨て牌も良く見えていました。

イメージもぱっと来ました。

しかし…

イージーミスが多発

焦っていないと思っていたのに、焦っている事がありありと証明されました。


しかし焦っているのを自覚出来たのとそれ以外の状態が良い事がわかったのは、非常に大きかったです。

焦るという事は緊張しているという事

この緊張が少し強い状態である事が理解出来たら、後は対応すれば良いだけでした。



~~~対戦者とポイント状況~~~

  200pでボーダーから+70p程度の総合3位
  4半荘で1回でも1位を取れば昇級確定と言えます。
  しかし守る気はありません。全節プラスが目標ですからね^^
  尚、総合1位2位とは80p差があったので、上は見ていません。

栗田恭宏プロ(先輩)
  降級ボーダーライン
  周りから標的にされるボーダーラインに位置する栗田プロがどこまで冷静に打てるのか…
  非常に興味深かったです。
  なんと言っても、プロになって1年少しで色々な大会で活躍する実力者
  対戦が決まった時からかなり楽しみでした。
  残念なのは第5節な為、ポイント状況的に平等ではないという事でした。

村井諒(先輩)
  降級ボーダーラインまで2トップが必要となる苦しい状況
  前期の最終節にも対局して頂いており、その時は村井プロがポイントを稼ぎ、順位を上げました。
  しかし前期はボーダーより上にいた為、今回とはかなり様子が違います。

井出大樹(新人)
  1戦目に1位を取ると昇級が見えてきてもおかしくない程度のポイント
  井出プロにだけは走られてはいけないのです。
  そして問題は、何も情報を得られていない。
  どんな麻雀を打つのか?1半荘目に調べて対応するしかありません。


さて、ここで重要なのは1戦目によって、色々と変わるという事
1戦目のベストは栗田プロが2位以内に入り、降級ボーダーより上にいる事
栗田プロが4位を取るとかなり展開が良くない
なので、もしも出来るのであれば、栗田プロと二人三脚で1位2位を取っていく
これが4半荘出来るならば最高ですが…
麻雀はそんなに甘くないですよね?


~~~~1戦目~~~~

新人の井出プロが走り、私と栗田プロが追いかける展開
そしてオーラスを迎えます

親:私 1000点差の2位
南家:村井プロ 離れた4位
西家:栗田プロ Topまで少し遠いがマンツモ条件程度
北家:井出プロ 1位

はっきり言えば、私が1位を取れる可能性がかなり低い点数の並びです。
2位でやむなしと思っていました。
なんと言っても、軽い手で和了して1位になっても親は連荘してしまうのですから…

しかしここでそれまでの動きとは違う状態になりました。
井出プロから早い巡目にチーが入ります。

それまでは重戦車のように重い立直を中心に攻めてきていたのに…

和了トップという状況で焦りが見えたか??と考えながら自分都合で手を進めていきます。

更に井出プロが鳴きます。

そして私に井出プロの現物25m聴牌5800が入ります。
場況的に25mはかなり良く、リーチしてもツモ期待出来る良い待ちではありました。

しかし…私はそっとダマで井出プロ直撃を狙っていきます。


そして栗田プロの6sに対し、井出プロがポン!!打5s


そして私が満を持して、ツモ切り立直!!!


井出プロ…

もうそれはオリれません。

場況的に25m強いのです。

そして井出プロの待ちはあまり良くない。
私の現物でも無いはずです。

流石にラスの村井プロも親立直よりは井出プロの1000点に差込を考慮して現物を切ります。
しかしそれでは…差し込めないのです。

そしてワンチャンスとなった2mを井出プロがツモ切り

ロン 12000



そして突然2位に浮上した栗田プロは、しっかりと自分のスタイルで早い仕掛けで2000点を和了

2位です。


最高の結果となった1半荘目が終了しました。


これで井出プロは昇級目がほぼ無くなり、下手すると降級まで考慮しなければいけない状況。
村井プロは更にきつくなり、3連続トップが必要な状況。
栗田プロはしっかりと自分の麻雀で2位を取り、無理せずの状態。


これが2半荘目に影響を及ぼします。


~~~~2戦目~~~~

ずっと苦しい中、南2までノー和了ですが形式聴牌で踏ん張ります。

そして迎えた南3

4pと8pの双碰(8p1枚切れ)

しかし1位の井出プロから8pがこぼれ出て5200和了!!

34000点トップ



原点30000点ですよ??
天鳳で言えば29000点のトップですw
西入はありませんってば~~~~

さてさて、何はともあれトップでオーラスを迎えます。
まぁ私は1戦目1位だったので、2位でもいいと思っています。
3位も許容出来ます。
最悪素点があれば4位でもいい状況と割り切っています。

そして重戦車井出プロの立直!!
私は手も足も出ない状態。
そして


やはりこの人が来ました。


チー

ロン 2000

もちろんこの発声をしたのは…




栗田プロ

きっちりと2位を取ってきます。


そして私はラッキー1位+34



このまま栗田プロと二人三脚を続けられるかな?
そんな幻想と驕りが…



~~~~3戦目~~~~
東1
 役牌ポン! 混一役牌の5200聴牌
 更に東ポン! 混一役役トイトイ12000に成長
 そして重戦車井出プロの親立直
 一発ツモ裏
 …4000オーーーール
 ぐはっ

東1局1本場
 すぐさま私も3000-6000で逆転
 きゃっは~~~

荒れ場が始まりました。
荒れ場は井出プロの得意とする場
私もそこそこ得意とする場

そして…井出プロが怪しい捨て牌

基本4枚目で無い限り国士には押す私

村井プロは攻めなければいけないので、立直!!

栗田プロが立直の現物9pを場に放つと。。。


いつもより小さな声で




ロン


32000



その後も井出プロが素点を稼ぎ+86.8という大トップをたたき出す

私は一時期4万点中盤まであった点数も井出プロに削られ33800点まで…

どんだけツモるのですか><

ツモらせる展開を作ってしまったのだからしょうがないですね。



~~~~最終戦前~~~~
これで残すは1戦
なんとこの時点で私は暫定1位!?!?
実は2戦目が終了した時点でも暫定1位だったようです。
ただ2位との差が少なく、別卓ながら順位勝負となりました。

まさか1位争いに加われるとは思ってもいなかったので、何気にあたふたしてたようです。

しかしそれ以上に気がかりなのが卓の状況。

私は昇級確定で総合1位争いに急遽参戦して少し浮ついている
井出プロは大トップで気を良くして最終戦にくる
村井プロは降級確定で気楽に本来の麻雀が打てる
栗田プロは1位条件の残留で少し無理をする

想定はしていましたが…
これだと栗田プロが本来の麻雀を打てない…
場を安定させる人がいなくなりました。
手が入らなければ逆連対する可能性が高い場になりそうです。


~~~~4戦目 最終戦~~~~

リーグ戦最終節最終戦は全卓一斉スタートとなります。
なので、かなり待ちましたね。
1時間半以上でしょうか?

しかし手は残念すぎた…
形式聴牌で無筋を押したりして何とか聴牌料を取るのがやっと

南2で栗田プロが点数の無いラス目の最後の親番

ここの選択肢は果たして正解だったのだろうか…
不正解な気がします。
ここで私が選択したものは…
栗田プロの親を流してラスを取ってもらう。
そして次の私の親番では手をかなり作らないといけない状況にして
みたいな事を考えていました。


南3親番
47p待ち4p高目一通
しかし残念ながらこの47pは自信ない。
けどダマってても自信がない。
なので立直!!
先制立直でツモりにいくもやはり不発

そして1本場は早い巡目から形式聴牌の鳴きを入れるが不聴親流れ

2位との点差は4400点、供託1000点、2本場でオーラスを迎える

そしてここで手が縮こまり、残念な選択を連発してしまいました。
やってはいけないチャンタとチートイの両天秤

上手く打てれば2位確定の間違ってツモったら1位までありえた難しい最後のチャンス手を
あっさり逃して3位終了



結果塩原プロが総合1位で私が総合2位

残念なようにも見えますが、目標とはしていなかった総合1位を争えた経験は力になります。

二度とあのオーラスのような打ち方はしないように努力を積み重ねます。
スポンサーサイト

【第4節】後期C3リーグを振り返る

===4節目===

初めて卓内期節順位トップで迎える

あれ?まず牌を落とすのだっけ?混ぜるのだっけ??
みたいな感じでした。


山田真木子(先輩) 0付近
野地聡(新人)昇級ボーダーまで少し頑張ると見えてくる
安田俊一郎(同期)ポイント少なく降級ボーダーより下にいる

安田プロは最低限プラスが必要な状態で第4節を迎えている。
実力も実績もあるが、リーグ戦では力が発揮出来ていない状態。

野地プロは昇級が見える位置にいるので、4節目をプラスで終えると昇級争いに加わってくる
走られるわけにはいかない

山田プロは一番気楽な位置にいて、あまりプレッシャーも無さそう。
非常に面白い方^^

多分山田プロに走られるかな~と思っていました。
実力上位の安田プロは何故かまだリーグ戦に対応しきっていない様子なのです。
当日も少し緊張感が出すぎている感じがありました。
野地プロは全く情報は無かったのですが、前節で大きくポイントを伸ばしていたので、
どんな麻雀を打つのかを東場で見ようと思っていました。

そして1半荘目野地プロの効果的なダマが連発
しかしダマ和了の為決定打を出し切れずの展開

そして私に手が入り走り始めた



そして南2
安田プロの仕掛けに7pが打てず、23457のカン6p受けにしぶしぶ受ける
次巡に再び7pをツモり、やむをえず7p4sのシャボ
すぐに出る4s
ロン

私の河には7pが…

フリテンロン><><><

すぐに立会人を呼び、裁定をして頂き、私に-40p

動揺しつつも何とか1位でいられたのは運が良かっただけ。

その動揺は2半荘目に出ます。
ラスになるのですが、ここはラスで良いので動揺を抑え3半荘目4半荘目へのステップに出来ればいいとしか考えていませんでした。
1半荘を捨てたおかげで、だいぶ動揺もなくなり、次に繋がります。

ここで珍しく特徴のあったものを記載します。

~~~えっ?そんな役出るの???~~~
ドラ西
ツモが後1巡で36s聴牌
ほぼ通る牌を1枚勝負
6sは立直した下家が捨てて、トイメンの安田プロがポンしたもの
とりあえず後1回で立直も無いので、役なしのダマテン
そしてトイメンの安田プロが小考
そして、立直者に海底を回さない為に6sをカン!!

ロン!!

搶槓ドラ3 8000


~~~えっ?まじですか?それチートイですか?~~~
山田プロが普通の捨て牌で親立直を5巡目にする。
私はもうベッタベッタと現物を切るだけの作業
南3ですし、安田プロと私の1位2位抜け出し状態でしたからね。
そして中盤に切られる4m4m4m
多分ノーチャンスだったのでしょうか
安田プロがさらっと3m
そこに襲い掛かる山田プロのロン!!

18000

えっ!?!?
チートイ!?
3m??

未だにこれがわからない><
そして安田プロが沈み、山田プロがトップに躍り出た瞬間でした。


~~~単騎ならばしょーがない~~~
オーラス1位安田プロ
2位を私と山田プロで争う状況。
1位へは5200は足りないと思っていたら、ドラドラチートイ聴牌
2m単騎か南単騎で悩み、オーラスなので南単騎へ
2m和了逃し><
痛い痛いと思っていたら、親の安田プロから立直の声がかかる。
一発目裏筋を掴む…
長考をしてツモ切り
そして南を掴む安田プロ

卓上に響き渡る私のロンの声

しかも3位まで落ちる安田プロ…


結果
山田プロ +59.2
私    +42.9
安田プロ -66.2
野地プロ -75.9


-40ポイントをしながらもうそ臭くプラスで4節目を終了
合計ポイントも200ポイントをオーバーし、何と総合3位浮上
全節プラスまで後1節
そして昇級すると周りからは見られているプレッシャーが私を襲うのはこの後でした。

【第3節】後期C3リーグを振り返る

==第3節==

色々な意味で山場を迎えます。

まずは対戦相手と第2節終了時の大体のポイント


 榎本裕也プロ(新人) +170オーバー

 沖ヒカルプロ(同期) +45オーバー

 冨木賢吾プロ(新人) -280オーバー


それぞれ非常に興味深い方々です。



===榎本裕也プロ===

明らかにC3にいるのが卑怯なくらいの麻雀力を持っています。
ニコ生での解説を聞いた時に、この人はかなり次元が高いと感じていました。
雀荘でもネットでもはっきり言って打ちたくない。
読みの精度、手作りの精度、押し引き判断と基礎力の高さはもちろん凄い。
更に実戦経験も豊富です。
私が唯一勝てるのは、『前期リーグ戦を経験した事』『大会経験』
この2点だけです。

今後プロでどこまで通用するかを確認出来る相手だと思っていました。


===沖ヒカルプロ===

C3リーグではもちろん、最高位戦でも有名な沖プロ
前期のリーグ戦でも少し拝見させて頂いていますが、かなり特徴的な打ち方をします。
あの絶妙なバランスをぴったりと合わせられたら、かなり厳しいと思っていました。
そして同期No1とNo2の戦い!!(年齢的意味合いでwww)


===冨木賢吾プロ===

まーじゃんかふぇ志木店の店長さん
まーじゃんかふぇという時点で、もう親近感が沸くともいうものです。
しかしリーグ戦に慣れていないのが大きく響き、1節2節と大きくマイナスを叩いてしまっています。
3節ながらもう勝負しないといけない状態なので、怖かったです。


そしてこの戦いに興味を持って頂け、観戦して頂けた方も^^
しかも1人は朝1の電車に乗ってきても開始時刻に到着しないくらい遠くの方です^^
麻雀プロとしてこれほど嬉しい事はなかなかありません。
私も気合が入るというものです。


~~~3節開始前に考えていた事~~~
榎本プロは昇級をします。なので走られてもOK。もしポイントを削れるならば嬉しい程度。
冨木プロは昇級ラインには届きません。なので走られてもOK。何も気にしない。
沖プロはここで走られると一気に昇級圏内に入ります。走られてはいけない。

走られてOKな人が二人もいる状態であるのは、かなり私にとっては気楽でした。


~~~3節開始~~~
榎本プロ 中張牌
沖プロ 中張牌
私 中張牌
冨木プロ 字牌
この対局を象徴する第一打

榎本プロ チー
沖プロ チー
私 ポン
冨木プロ 立直

このパターン…
そうです。
冨木プロが走るパターンです。

仕掛けなぞ気にせずどんどん立直をする冨木プロ
あたふたするのが3人の内誰か…

そうなればポイント的余裕の少ない沖プロが焦ってくる状況が出来上がってしまいました。

そして空振りする榎本プロの鳴き

私だけは元々和了出来ると思っていないタイプなので、気にせず冨木プロが走るのを放置します。


はっきり言いますと、予定通りです。

しかしそれは私をも追い詰めます。

ウソくさいウラウラを榎本プロから和了した記憶があります。

それが無ければ私も泥沼にはまっていたと思います。

予定通りなのにあぶないあぶない。


そして最終半荘も冨木プロが走り、私が2位につける展開

しかし流石にダマっていない沖プロの3000-6000が炸裂

榎本プロが点差の離れたラスに落ちます。


そして南3、親は榎本プロ
私の選択は…

1000点親流し

榎本プロにラスを取ってもらいました。

しかしそれは自分にとってもリスクがあります。

2位条件、1位条件が赤なしだと厳しいオーラスを迎えるという事。


しかし手が入らなければ3位でもいいという事で、結果3位


4戦が終わり…


冨木プロ +97.2
私    +35.7
榎本プロ -58.6
沖プロ  -74.3


冨木プロの攻めに巻き込まれたか巻き込まれなかったか
事故にあったかあわなかったか

それが明暗をわけた結果ですね。

この3節が終わり沖プロは昇級が厳しくなるポイントまで落ちてしまいました。
榎本プロはここまで負けてもボーダーラインにいます。
冨木プロは流石に負債が大きく降級ラインですが、それでもこれで精神的に楽になったのではないでしょうか?


私は150オーバーで昇級ボーダーより上回ります。
この時点で昇級点は120ポイント程度になると予想していました。

そして3節連続のプラスで終了

5節連続プラスの目標を今回もクリア出来ました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~
対局終了後
~~~~~~~~~~~~~~~~~
わざわざ遠くから見学しに来て頂けた、幼女が好きな人と雪でいちゃいちゃする人と榎本プロに稲岡プロの5人でお食事という名の雑談をしました。
14sのダマツモは疑問点として取り上げられましたが、他は疑問打牌も無かった様子です。
見学前に8000放銃していたので、それは榎本プロにしかわからない事なので、すみません、適当に答えていますwwwwwwwwwww
ちょっと説明してはいけないものが含まれているので、ご了承下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~
某ツイッターより引用
~~~~~~~~~~~~~~~~~
【悲報】うさぎトップ目

後で見て爆笑しました^^
この人が書くから面白いんですよね~~~~

【第2節】後期C3リーグを振り返る

===2節目===

2節目以降は既に対戦相手が決定して、事前に少し情報を集める事が出来ます。

江上知代子(先輩)
高塚茂樹(先輩)
稲岡佑介(先輩)ポイント多い

全員先輩であり、麻雀プロ及びリーグ戦の経験値が一番低いのが私という状態
まだ2節目なのでポイントは全く意識せず対局をしようとしています。

稲岡プロは、プロになる前に放送へ来て頂け、最高位戦のルールを教えて頂けた素晴らしい方
そして第1節では150p以上を叩き出し、後はプラスマイナス0でも昇級が見えています。

江上プロは、前期の飲み会でお話をして頂けて、のほほんとしたイメージの可愛い方

高塚プロは、この時あまり知らず情報も得る事が出来ていないのですが、
年齢的にデジタル麻雀は打ってこないかな~という凄いアバウトなイメージです。

この節実は一番走られる可能性があると思っていたのは江上プロ
これは私の麻雀の性質上他の二人に対応するとしょうがないかなと思っていた部分です。

稲岡プロは第1節の結果に若干満足気味にありました。
守備的な思考の人でもあり、あまりガツガツと勝負はせずにくるのかなと考えていました。

しかし蓋を開けてみれば、稲岡プロと江上プロの攻めに、私と高塚プロが対応するという状況。

そして卓の中心者は高塚プロ
踏み込みの鋭さに私も色々考えさせられました。
高塚プロのバランスがこの卓のバランスを調整していたイメージが今でも残っています。

第2節は勝負所で稲岡プロから12000を和了したのが大きかったです。
稲岡プロのトップを逆転し、江上プロの確定満貫を蹴り、親満和了。
これで心の余裕が自分に出来た事と、稲岡プロのバランスが少し崩れましたね。
それが7700は8000の和了に繋がり、全体収支を纏められました。


結果
私   +67.4
稲岡プロ+22.8
江上プロ-40.3
高塚プロ-50.9


あの勝負どころで負けていたら…と思うとぞっとします。
しかしこれで2節を終了し、+100オーバー
5節連続プラス目標をこの節も達成出来ました。

しかしまだ序盤が終了しただけ。

そして次節は最大の山場となります。

【第1節】後期C3リーグを振り返る

実戦的基礎力がどれだけつけられるのか?
それを1番に考えています。
いかにシンプルな考えで麻雀が出来るのかというのも重要ですね。

===1節目===

1節目は恒例のくじ引きで対戦相手が決まります。
事前情報を全く集める事の出来ない状態ですので、1節目はかなり怖いです。

そして決まった対戦相手は??


 白鳥ケイタロウプロ(先輩)
 中川英一プロ(同期)
 井上俊プロ(新人)

前期に同卓してぼっこぼっこにされた中川プロとの再戦です。
中川プロのイメージは前期でしっかりと焼き付けられています><
もう役満は放銃したくないです!!

白鳥プロは、同期の誰かが白鳥プロを尊敬し、最高位戦に入ったという事は覚えています。
しかしそれ以外の情報は無く、どういう打ち手なのか興味津々でした。

井上プロは、新人ですのでちょっと緊張してるな~と思いつつも手順がしっかりとしていて、
打牌選択の早さもあり、緊張感が上手く作用している状態なのかなと思いました。

さて、そんな状態で始まった第1戦


井上俊プロの69p清一ダマ倍炸裂。


確かにヒントは少なかったかもしれませんが、打8pがそれまでの打牌タイミングと
違ったのを見落とさなかったのは集中力があった証明
方やそれを見落とした白鳥プロは集中力が欠けていると感じた瞬間
経験値が一番ある白鳥プロの集中力が欠けているのが、ここでわかりました。
そうなれば後は清一を和了した井上プロと中川プロの状態です。
中川プロは手が入らずあまり前に出れない模様。
となれば現在トップを走る井上プロに照準を合わせるだけ。
そして南場に入りとうとう井上プロに並ぶ。
徐々に追いつかれた井上プロの心境や如何に!?

と思っていたのですが…

2000-4000

井上プロの満貫自摸が炸裂し、流石に勝負がつきました。


しかし、この1戦目は得るものが多かったです。

井上プロの打ち筋、白鳥プロの状態、中川プロの状態が把握出来ました。

後は中川プロのはいぱ~門前立直をかわせるかが勝負だと思っていました。



私   +55.7
中川プロ+ 8.4
井上プロ-20.6
白鳥プロ-43.5


手が入らない中しっかりとプラスで終わらせる中川プロ
初めてのプロ対局、リーグ戦という中で小さなマイナスで纏めた井上プロ
1半荘目で悪い状態を把握して、なんとか纏めた白鳥プロ

結果として私はプラス50ですが、展開的に有利だったのに勝ちきれなかった
そんな印象が多少はありました。
しかし全節プラスの目標の第一歩としては順調な滑り出しと切り替えます。



さて、この対局で井上俊プロに注目し始めます。
その後もちょこちょことお話させて頂きました。
他の人の意見を聞き入れる態度と速度が速い。
もともと素直な麻雀なので、変な癖や変な考えが無い為、伸びしろが凄い。
今回は経験値という差で勝つ事が出来ましたが、もう次回対戦する時には負けそうですね。
私も力を上げていかねばと思います。

赤ありと赤なし

私はどちらも苦にしないタイプです。
あまりスタイルも変化しません。
赤ありのほうが、攻撃的になりますがね。

元々赤ありのフリーをメインで打っていた為、赤ありは問題ありません。
しかし、あまり赤を使いきろうとしないスタイルなので、赤なしでも対応出来ます。

そして長野のCheckで3年ほど打っていたのですが、そのルールが赤なしでした。

なので赤なしの経験値も豊富なのですね。

しかしチップありになると少し弱いです。
トータルは勝つのですが、チップトータルはあまりプラスにならない打ち方です。
しかしその分1位率が高くなる麻雀です。

チップ重視にするとどうしても立直!ツモ!の打ち方になってしまうのです。
そうすると効率重視の方がいいのですが、殴り合いの麻雀になるのです。

私の場合、殴り合いだとどうしても運的要素が強い麻雀になってしまうのです。

まぁノーレートしか打ちませんので、全く関係ないのですがね!


とはいえ、赤ありをメインで打っていると、クイタンの読みと打点の作り方が赤なしと違う部分が多いので、そのイメージが崩れるのを嫌いますので、リーグ戦前は赤有の麻雀を打たないどころか、見る事すらしなくなります。

なので、最近はニコ生の大会も出る事がなくなりました。


次の公式戦は

新人王戦


私は年齢制限により今年の1回しか出れません。

それも12月なので、10月11月はちょこっとニコ生の大会には出れるかな~~~~

後期C3リーグで注目していた方々

C3リーグ開始前に何人か注目していた方がいます。

塩原さん
 全国麻雀選手権5位
 そして私よりも読みの精度が高く、バランスが良い打ち手
 見事1位昇級~~
 常に私より前にいますね。ぐぬぬ。

榎本さん
 プロとしての実績は新人の為無かった
 しかしツインカップでベスト16に食い込む
 生放送での解説や打牌など自分に比べて色々な部分で上位的存在
 初のリーグ戦にもかかわらずしっかりと昇級
 私とは比較にならない実力ながらも何とかくらいついていきたい

竹内さん
 天鳳九段の実力を持つ
 メンタル面が強化されれば一気に突き抜けてくると思っていた
 しかし昇級争いに入れずの残留は予想外

関さん
 評判高く注目をしていた。
 残念ながらリーグ戦に慣れていなかったのか、実力発揮出来ず
 もうちょっと観戦してみたかったです。

栗田さん
 短期決戦の大会で実績を残すC3リーグで一番の実力者と考えていた
 実際対戦しても細かな麻雀をして安定感があり、2半荘目までは栗田さんと私の想定どおりの展開になっていたのではと思っている。
 国士放銃が悔やまれるが、それがあるのがリーグ戦
 その後は栗田さんの本来の形ではない麻雀を強いられ、厳しかった

安田さん
 クラシック予選通過など既に実績を残す
 リーグ戦ではなぜかふるわない…
 対戦した時には既にポイントが少ない状態だった為、一歩踏み込んだところで
 撃墜されていた印象


C3リーグ終了そして昇級

2月にプロテスト受験し、合格
3月最高位戦日本プロ麻雀協会所属麻雀プロとなる
38期前期リーグ戦 残留
全国麻雀選手権プロ予選通過
技能検定7年ぶり満点合格
リーグ戦採譜合格
池袋麻雀教室開始
SSC大会運営補助
アマ最高位戦運営補助と決勝採譜
Aリーグ最終節採譜
よみうりカルチャー3箇所同時新規麻雀講座開講
38期後期リーグ戦 昇級(2位)

木更津元気力発電所開講

まだ10月頭ですが、結構やりましたね。
麻雀プロとしての実績を少しずつ積み上げています。
C3リーグからの昇級は予定外です。
プロになった際の予定は、前期降級点、後期残留
その程度でとりあえず1年目は良いと思っていました。
前期第1節では2半荘目の東場でもう体力が尽きる程度でしたので、
4半荘をある一定以上集中して打ち切る事が出来る状態になれるとは、、、
とても思っていませんでした。

しかし前期最終節では、ひいひい言いながらも4半荘をある程度の状態で打ち切る事が出来ました。
これは私にとって何よりも嬉しい事でした。

体調が予想よりも良化傾向にあった為に、後期の目標を残留から変更しました。


 全節プラスで最終節に昇級争いが出来る位置にいる事

 4半荘体力がしっかりと持つ事

 実戦的基礎力を強化する事

これを目標としていました。

全て出来たと思います。

ちょっと第5節は昇級に余裕があり、昇級争いとは少し違いましたので、その経験値は
得ることが出来ませんでした。
しかし最終戦で1位通過争いをするという経験値を得る事が出来たのは嬉しい限りです。



さて、昇級出来た理由についても記載しておきます。

1.私には過分すぎるほどの応援
 まだ新人で無名の私に対し、沢山の応援をして頂けました。
 応援があるから対局中も踏みとどまれたところが沢山ありました。
 皆様のお力、本当にありがとうございます。
 今後も応援の程、どうぞ宜しくお願い致します。

2.運が悪く無かった
 運が良かったかと聞かれれば、そこまで良いという事ではありませんでした。
 しかしそれ以上に運が悪くなかった
 これは非常に大きいです。
 元々事故に合わない麻雀を打つような目標だったので、事故率は低いのですが、
 それにしても事故に合わなかった。
 1節1回の事故は想定内ですがね。

3.経験値の差
 前期にリーグ戦を経験し、そもそも競技ルールに近いルールで打っていた私です。
 大会出場などもアマ時代に多い為、他の38期の方に比べて色々な経験値があります。
 年齢的にも…ですね。
 あっという間に縮まってしまう差なので、今後は使えないものとなりますが…

4.生放送主として、麻雀講師としての看板
 ある意味代表なんです。
 試験ガチ勢代表として、技能検定満点は必須条件だったように…
 ニコ生麻雀放送をしている人もプロになり、少しは戦えるのではないか?
 そんな希望の光を
 肩書きだけの為にプロになったのでは?と麻雀講師としての看板を傷つけないために
 背負った分だけ力になったのかと思います。

またボチボチと記載していくと思います。
今日はここまで~~~

どMの同士はこんなにいるよ?

カテゴリ

プロフィール

因幡の赤兎Shingoro

Author:因幡の赤兎Shingoro
ニコニコの生放送でしか麻雀をしない雀士
マージャンカフェ~楽~で麻雀教室を行う

最近の記事+コメント

カレンダー(月別)

09 ≪│2013/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。