04
:
6
14
16
19
20
21
22
24
25
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はアナログデジタル派!!

兎がデジタル派かアナログ派かのアンケートを取ってみたところ(多分8名参加してくれた)

①デジタル派 12.5%

②デジタル寄り 25.0%

③アナログ寄り 37.5%

④アナログ派 25.0%

8名なので誤差がありますよね。



どっちやねん!


って自分でもイマイチわかってないのですがね。



兎の理論構築手法(フリー実戦より)


自分の思考とは、違う打牌や局面が出たらそれをしっかりと目に焼き付ける。

2秒くらいで解決出来るものであれば、その場で思考して結論を出す。

1日の対局が終ったら、再度その場面を思い出して、結論をゆっくりと考え、理論として構築する。



その場で結論が出無い場合は、1日の対局終了後、その半荘を頭の中で再生する。

打牌だけでなく、相手の表情や態度などを含める。

その上で、理論を構築して、結論を出す。



どちらの手法であっても出た結論が本当に正しかったのかどうかを、実戦で後日確認する。



これで知識にはなります。

しかし、これを実戦で瞬間的に取り出して利用していくのは、デジタル思考では追いつかないのです。


なので、実戦ではイメージを大切にして、感覚で打つ事により、デジタル思考を擬似的にアナログ思考にして利用しています。



では放送ではどうしているのでしょうね?

一度デジタル思考からアナログ思考にされた感覚を、再度デジタル思考に戻して、更に伝わるように言語化し、わかりやすくしている状態です。

ただ、理論の中には、アナログからデジタルに戻しても、言語化出来ていないものが結構多いのです。

ハンゲをやり始めた時から結構頑張って言語化しようとしていますが、いかんせん難しい。

そんな時に使う言葉は

『なんとなく!』

という一言になってしまうのですよね。


頭の中では、わかっていても言語化出来ていないですからね~~


いやぁ人にモノを伝える事って大変ですね。
スポンサーサイト

どMの同士はこんなにいるよ?

カテゴリ

プロフィール

因幡の赤兎Shingoro

Author:因幡の赤兎Shingoro
ニコニコの生放送でしか麻雀をしない雀士
マージャンカフェ~楽~で麻雀教室を行う

最近の記事+コメント

カレンダー(月別)

03 ≪│2012/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。